トップ

グループホームの概要について

昨今、高齢社会の進行とともに以前にも増して注目されることが多くなっている介護関係のお仕事。介護関係の仕事をしたいと思っている方にとって、職場選びはどんな仕事をするのかということを決定づける一つの要因になりますから、様々な情報に基づいて慎重に選びたいところですね。

ひとくちに介護施設といっても、その種類や内情は様々なものがあります。それぞれ異なった特徴を持っている介護施設ですが、今回はグループホームの特徴についてより詳しく見ていくことにしましょう。

グループホームは、「小規模・少人数」「認知症高齢者向け」という2つの柱を特徴として成り立っている施設だといえます。「小規模・少人数」に関しては、グループホームは他の介護施設と比べても少人数の定員としており、現在では2ユニット、18名までの入所定員の施設以外は法律上グループホームとは認められないことになっています。

そのため施設は規模も小さめであり、人数も少人数なため介護施設というよりは「家庭」の雰囲気にほど近い施設が多いのも特徴です。家庭的な温かみのある雰囲気の中で、高齢者の方に穏やかに過ごしていただけるのも、グループホームの見逃せない長所だと言えるでしょう。

また、グループホームは「認知症高齢者向け」の施設となっており、認知症高齢者を対象として運営がなされています。認知症の方は環境が激変すると症状を進行させてしまう場合が多いので、入所後すぐに生活に馴染めるような工夫がなされている施設が多いのも特徴です。

Copyright © グループホームとは一体. All rights reserved.